直線上に配置

当然ですが足でブレーキを踏むとブレーキが効きます。

 しかし、これには

ブレーキオイルと呼ばれる液体が不可欠です。

この液体が入っていないとブレーキは効きません。
直線上に配置

こんなふうにブレーキ一輪づつ
全量を交換して行きます。

2年間交換していない
ブレーキオイル
結構汚れてますな

ブレーキオイルの特徴



ブレーキ部分は水分を吸いやすい性質があり、クルマを使用しなくても徐々に劣化します。

もちろん激しくブレーキを使う(長い下り坂や高速道路・夏場のノロノロ運転)と ブレーキオイルが沸騰しブレーキが効かなくなる危険があります。  

また、水分を吸うと、沸騰する温度が下がってしまうので注意が必要です。

しかし、エンジンオイルなどと違って普段なかなか交換する機会がないのでは・・・その為、

2年に1度(車検のとき)の全量交換 がおすすめです。

ブレーキオイルの交換はブレーキを分解・点検する車検のときに交換するのがおすすめです。

車検の時にはブレーキオイルを交換しましょう!
ホームページより車検お申し込みのお客様は通常価格3,800円(オイル代+作業工賃)のところキャンペーン期間中のみ無料にて交換させていただきます。ホームページを見てきたYo!とお申し出ください。